塗料は特性をきちんと理解してから使用しよう

塗装というのは比較的簡単にできるDIYです。塗料を刷毛やローラーで塗るだけなので気軽に取り組めます。

確かに塗り方のコツなどもあって実際には難しいのですがとりあえず色を塗るということであればすぐにできます。取り組みやすい一方で意外に難しい面もあります。

それは塗料にも特性があるということです。この特性をきちんと理解していないと塗りムラなどの見た目での失敗だけでなくまったく塗ることができなかったり、また塗れたと思ってもすぐにはがれてしまうこともあります。

塗料も水性や油性、耐水性などいろんな種類があります。また下地との相性もあって、下地との相性が悪いとはじいてしまって塗ることができないこともあります。

しみこませるタイプの塗料なのに材料にしみこまなかったり、いつまで塗っても厚塗りにならずに色がつかなったりもします。ものによっては下地剤などを先に塗ってから上塗りを塗らないといけないこともあるので下地や環境、材質と塗料の特徴を理解して使えば失敗もないでしょう。

もう一つの難点は慣れてない人が塗装をすると塗料が飛び散ってしまう事でしょう(慣れてる人がやっても多少は跳ねるけれど)一度ついてしまうとそうやすやすとは落ちてくれない塗料ですが、私が学生の時にアルバイトしていた工事現場では業務用の強力手洗い洗剤 が常備されていました。業務用で塗料落とし洗剤なだけはあって簡単に塗料が取れました。みなさんものDIYをするときは業務用の手洗い洗剤など市販されている者ではなくちょっとお高いですが専門の洗剤を利用してめんどくさく無いようにしてはいかがでしょうか!