常に新車に乗れ、時間的に余裕のできる法人カーリースのメリット

カーリースは新車で発注した車を一定期間、定額で支払うことで車を自分のもののように所持できるメリットがあります。
レンタカーとは異なり、わナンバーでもないので、自分の車として愛着をもって所持できます。

カーリースの場合、月々の支払いは一定で、家計の計算がしやすいです。また、月々の支払の中には、車検費用なども含まれており、車の知識に自信のない方や、仕事が忙しかったり、時間がない方も心配する必要がないこともメリットです。

カーリースの場合、新車から一定期間経過した段階で、次の新車に乗り換えることが可能です。ハリアーやアルファードといった高級車に
常に新しい状態で乗り続けることができます。ローンを組んで新車を購入する場合と比較して、カーリースのほうが、時間を使わなくて済みます。

ローンで購入した場合、購入する段階で、ディーラーに通って、購入するまで一定の交渉をしたりなどの手間がかかります。また、買い替えるタイミングで、良い条件で買い手がつくところを自分で探す手間も増えます。売却にも手続きが必要であったりなど自分で動かなくてはならないことが多く、ほかのことを考える時間がなくなります。

また、カーリースの場合、一年間に支払った額をすべて経費として計上できます。購入した場合は原価償却に5年かかります。会社用の車として使用する場合これは大きなメリットとなるはずです。結果として私は時間に余裕のあり、税金対策でも優れているアルファードの法人カーリースでの
所持を検討しています。