グリストラップは法律で義務図けられた「ろ過装置」である

グリストラップは下水道に雑排水を流す際に、食用油や様々な種類の油脂類や残飯・野菜くずの流出を防ぐ装置であり、飲食業を中心とした業務用厨房には設置が義務付けられている装置である。

簡単に言ってしまえば、ろ過装置であり、その名の通り「油分を捕まえる」装置である。基本構造は、受け籠、水槽、トラップ管による三点構造が一般的である。厨房での調理の際に、雑排水として排出される水の中には、野菜屑、食べかす等の比較的大きな物体や洗浄剤まじりの排水、油脂類がある。比較的大きな食べかす類は受け籠に集められ沈殿する。それ以外の油分を含んだ排水は流れて行くが、油分混じりの排水は底面がL字構造の水槽を通過。その際に水に浮く脂分を水槽上層部に集め、水と油を分離して配水する物です。

この装置の目的は、直接油を排出しない環境配慮と、悪臭の防止、害虫の発生を抑え、衛生面での処理を簡潔にする目的がある。当然のことながら、溜まった野菜くずや沈殿物、浮遊した油分等は定期的に排除し処分する必要がある。そうした手間を一気に解決する為の装置としてグリース・トラップは役立っている。またこのグリストラップの油分を分離せず放置していると公の抜き打ち検査が有り、これにひっかかると多額の罰金を支払うことになります。このような事にならないようにグリストラップ の油分離 洗浄剤 をインターネットで見つけ、通販で購入しました。