サビは見つけたら即こそぎ落とすのが鉄則!

サビを放置すると大変な目に合います。ちょっとしたサビだから大丈夫だと思って、そのまま放置したことがありました。それはポットのサビです。中がガラスでできているポット(魔法瓶)ですが、底の辺りに隙間があります。おそらくポットを洗った時にその隙間に水が入り、知らないうちにサビへとなっていったと思われます。

最初は小さなサビだったので、布巾で軽く拭いていました。ポットの中を洗う度に、少量の水が隙間に入り、どんどんサビが大きくなっていったんです。ポットをひっくり返して隙間を見ると、大変なことになっていてビックリしました。

ちょっとのサビだったのが、いつの間にか奥までびっしりです。本当にサビだらけです。慌ててコゲ落としようのスポンジに、クレンザーを付けてサビをこそぎ落としてみましたが、ポットの外側と内側の隙間なため、掃除しにくかったです。表面の見える範囲は落としましたが、奥の方は色々試しましたが取れませんでした。やっぱり業務用のサビ取りをつかえばよかったかなー

気に入っていたポットだったのでがっかりです。そのまま使用するのは止めて新たにポットを買い求めました。この失敗から、今は少しのサビでもすぐにそぎ落とすようにしています。