以前部屋を片付ける為の道具入れを作るため、素材のカラーボックスに塗料を塗り始めたところ塗料を弾いてしまい、全く色が乗らなくて困った経験があります。
その塗料は水性でカラーボックスの表面の加工と相性が悪かったようなので、後から油性の塗料を買い直して無事道具入れは完成しました。

ただその時に塗料を手や床にたらしてしまっていて気づいたのが少し遅かったため塗料が全く取れなくなってしまいました。

拭いても取れる塗料と全然取れない塗料があり、困り果ててる時に夫が会社から塗料落としの業務用手洗い洗剤を持ってきてくれて何とかなりました。

これまで、塗料の性質には無頓着でしたが、水性と油性それぞれにかなり異なった特徴があることがこの経験でわかりました。

水性塗料はにおいが少なく乾く前なら水で落とせるため使いやすいのですが、金属などツルツルの面には乗りにくく、また乾燥時間も長めにかかります。

一方油性塗料は水性では乗らない面でもキレイに塗れるのが特徴で、1度塗りで済むうえに乾燥時間が短く、作業を早く進めることが可能です。
しかし有機溶剤の臭いがきつく、一度ついて乾いてしまうと塗料落としなど専用の洗剤がないと全く落ちないなど、扱いには手間がかかります。

これらの経験からやっぱり掃除と一緒で塗料(汚れ)の性質を理解することが汚れを取るという事においてとっても大切なんだなって思いました。