私は建設関係の仕事をしております。主に建物の施工管理を行っており
普段から塗装の施工についてもよく触れる機会があります。よく使われる塗料は外壁部分においてアクリル系、ウレタン系、シリコン系の3種類の材料が使われます。

普段街を歩いていてマンションなどを見た時外壁やバルコニーの天井等に塗装仕上げが施されているかと思います。そういった普段目にする外壁の塗装仕上げ材はほとんどがこの3種類のうちのどれかに該当します。塗料の種類がいくつもある中で一番安価に抑えられるのがアクリル系の材料となります。アクリル→ウレタン→シリコンの順で値段も上がり、値段と比例する様に耐久性も向上します。

昔はアクリル系が主流でしたが今は昔ほどウレタンやシリコンとの値段の開きが無くなってきた為、耐久性の劣るアクリルを使う機会も減ってきていると思いますが今でもコスト削減により使われることもあります。

ほかにもこれよりよい材料もありますがやはりこの3種類が主流です。イメージチェンジ等で短いスパンで塗り替えを考えるならアクリルでも5年前後の耐久性はありますから充分でしょう。但し長い期間外壁のメンテナンスを考えていなければコストとも相談ですが10年前後の耐久性があるシリコンがよいでしょう。

今後新築、建て替え、外壁リフォーム等を検討する場合そういったことも考慮するとよいのではないでしょうか。

勿論昨今人気のDIYでもこのような染料の知識が役に立ちます!

最近のDIYは本格的で現場さながらの作業をしてらっしゃる方も多いと思います、しかし実際の工事関係とは違っていったんついてしまった染料を落すのは大変なので注意して作業してください、

どうしてもこういった塗装の作業をしていると手に塗料がついてしまったりして現場では業務用の手洗い洗剤などが常備されていることが多いので塗料などの特殊汚れでもすぐ落とせますが、自宅でこういった専用洗剤がないときに手についてしまうと落すことが出来なくなって手荒れの原因にもなりますから是非作業をする前には専用の塗料用石鹸や手洗い洗剤なんかを用意してからたのしいDIYをしてみてください!