野外にある物に対しては金属製に対して塗装している場合がほとんどであり、腐食により塗装がはげた場合は雨などの影響によってサビができてしまうのですが、このまま放置していればサビが広がってしまうのです。

金属を日光や雨風から守るために塗装が大事なのですが、錆びている場合はそのサビを落とすことが重要なのです。比較的広がっていないサビならば紙やすりなどを使い、番手を徐々に上げて行きなめらかになるようにしてから塗装すればよいのです。範囲が広い場合などは電動サンダーなどを用いれば広範囲でもきれいに研磨することができるのです。

やすりにも色々な種類があるので使い分けることがとても重要です。加工のしやすい紙やすりは類似品として耐水性のヤスリや裏側が布でできているやすりなどがあり、用途によって使い分けることができるのです。サビを止めることは油を用いただけでは難しくサビを削り落とすことによって広げないことがとても重要なのです。